社会人講座の利用

社会人講座社会人として公認会計士を目指しているならば、資格学校の社会人講座を受講すると良いでしょう。これにはさまざまなメリットがあります。まず、社会人講座によって効率よく勉強を進めることができます。試験合格のために必要なことのみを教えてくれるからです。これまでに多数の合格実績のある学校であれば、充実した内容のカリキュラムを用意しています。それを受講することによって、充実した勉強ができるでしょう。試験合格のためのノウハウを得ることができるのです。

また、通信で公認会計士講座を受講できるシステムが用意されています。これは忙しい方にとってはとても便利なものです。退社して家に帰ってから通信で落ち着いて勉強することができるのです。わざわざ通学する必要がありません。また、ダウンロードをして講座を受講できるようなサービスもあります。

休日で余裕のあるときには実際に通学をすると良いでしょう。そこでは自分と同じく公認会計士を目指している仲間を作ることができます。会社には自分が受験することを黙っている方は多いです。孤独に受験に臨まなければいけないため不安な方は多いでしょう。社会人講座に通うことによって、自分と同じ状況の仲間を作ることができます。情報交換もできるでしょう。このようにたくさんのメリットがあります。

勉強時間の内訳

スケジュールこれから社会人が公認会計士合格を目指す場合、どのようなスケジュールで勉強をすれば良いのでしょうか。基本的に社会人というのは平日の時間は限られてくるでしょう。そのため、平日は4時間から6時間勉強をして、休日は10時間程度勉強するというスケジュールが現実的でしょう。これならば毎週40時間から50時間程度の勉強時間を確保することができます。これは1年に換算すると2000時間を超えます。これを1年半続ければ3000時間に達するでしょう。したがって、上記のようなスケジュールで2年間勉強しておけば、公認会計士に合格するための勉強時間をしっかりと確保することができるのです。

さまざまな勉強方法が存在しているのですが、勉強時間が多いほど有利になるのは確かなことです。実際に合格している方の大半はかなりの勉強をしているのです。絶対的な勉強時間を確保した上で、具体的にどのように勉強していくのか、どうすれば質の高い勉強ができるのかを考えていくべきでしょう。

また、社会人の場合は記憶力が悪くなっている可能性があるため、ある程度短期間でたくさんの勉強時間を確保して勉強を進めていく方が良いでしょう。そうすることによって、合格の可能性を高めることができるのです。

必要な勉強時間

勉強時間公認会計士になるためにはどのくらい勉強しなければいけないのでしょうか。だいたいの目安としては3000時間から5000時間は必要とされています。最低でも3000時間は必要となるため、これだけの勉強時間を確保する必要があります。1年間勉強するとすれば毎日10時間弱の勉強が必要となります。これはかなり難しいでしょう。特に社会人として受験しようとしている方はほぼ不可能な数字となります。これが2年になると毎日5時間弱の勉強時間でも十分となるため、合格の可能性が見えてくるでしょう。

実際に合格するまでにかかった年数としては平均すると2年から4年となっています。そのため、2年の勉強で合格することは現実的な数字であるといえるでしょう。余裕を持って勉強をしたいならば、4年かけると良いでしょう。

ただし、これはあくまでも目安であり、合格するまでにかかる時間というのは個人差があります。たとえばすでに予備知識のある方もいるでしょう。大学で経済や法学などを専攻していて、公認会計士で出題される問題についてすでに理解のある方もいます。この場合はもっと短い勉強時間でも合格することはできるでしょう。

また、効率の良い勉強方法を実践することによって、勉強時間をもっと短くすることもできます。工夫次第で必要な勉強時間は変わるのです。

公認会計士の講座

公認会計士は昔から人気の高い資格となっています。こちらの資格を習得することによって、会計のプロとして働けるようになります。国家資格であり、この資格を持っていないと行えない仕事があるのです。専門職として働けるようになり、独立開業している方もいます。普通にサラリーマンをしているよりも高年収を得られるようになり、やりがいを感じられる仕事に取り組めるようになるのです。

勉強現在、サラリーマンとして働いている方の中には今の自分の働き方に疑問を抱いている方がいます。そのような方の中には思い切って公認会計士を目指そうという方もいるのです。実際に働きながら資格取得を目指して勉強している方もいます。そのような方を応援するための社会人講座を展開している資格学校もあるのです。もし仕事をしながら公認会計士になることができれば、今の仕事をやめて公認会計士として働けるでしょう。また、万が一合格できなかったとしても、仕事は続けているため生活に困ることはないでしょう。また、次回の試験のために勉強を続けることができます。リスクのない方法となっているのです。

それでは実際に公認会計士を目指すために勉強をする場合に、どのくらいの時間勉強をすれば良いのでしょうか。特に社会人の場合は勉強時間が限られてしまうため、どのくらいの勉強が必要なのかは気になるでしょう。こちらでは勉強時間に注目しています。どの程度勉強すれば合格することができるのかを教えましょう。

Top