勉強時間の内訳

スケジュールこれから社会人が公認会計士合格を目指す場合、どのようなスケジュールで勉強をすれば良いのでしょうか。基本的に社会人というのは平日の時間は限られてくるでしょう。そのため、平日は4時間から6時間勉強をして、休日は10時間程度勉強するというスケジュールが現実的でしょう。これならば毎週40時間から50時間程度の勉強時間を確保することができます。これは1年に換算すると2000時間を超えます。これを1年半続ければ3000時間に達するでしょう。したがって、上記のようなスケジュールで2年間勉強しておけば、公認会計士に合格するための勉強時間をしっかりと確保することができるのです。

さまざまな勉強方法が存在しているのですが、勉強時間が多いほど有利になるのは確かなことです。実際に合格している方の大半はかなりの勉強をしているのです。絶対的な勉強時間を確保した上で、具体的にどのように勉強していくのか、どうすれば質の高い勉強ができるのかを考えていくべきでしょう。

また、社会人の場合は記憶力が悪くなっている可能性があるため、ある程度短期間でたくさんの勉強時間を確保して勉強を進めていく方が良いでしょう。そうすることによって、合格の可能性を高めることができるのです。

Top