必要な勉強時間

勉強時間公認会計士になるためにはどのくらい勉強しなければいけないのでしょうか。だいたいの目安としては3000時間から5000時間は必要とされています。最低でも3000時間は必要となるため、これだけの勉強時間を確保する必要があります。1年間勉強するとすれば毎日10時間弱の勉強が必要となります。これはかなり難しいでしょう。特に社会人として受験しようとしている方はほぼ不可能な数字となります。これが2年になると毎日5時間弱の勉強時間でも十分となるため、合格の可能性が見えてくるでしょう。

実際に合格するまでにかかった年数としては平均すると2年から4年となっています。そのため、2年の勉強で合格することは現実的な数字であるといえるでしょう。余裕を持って勉強をしたいならば、4年かけると良いでしょう。

ただし、これはあくまでも目安であり、合格するまでにかかる時間というのは個人差があります。たとえばすでに予備知識のある方もいるでしょう。大学で経済や法学などを専攻していて、公認会計士で出題される問題についてすでに理解のある方もいます。この場合はもっと短い勉強時間でも合格することはできるでしょう。

また、効率の良い勉強方法を実践することによって、勉強時間をもっと短くすることもできます。工夫次第で必要な勉強時間は変わるのです。